• プロフィール

    motoko

    Author:motoko
    もとこ
    鎌倉市出身 うお座B型
    社会福祉士(2012年取得)

    平成18年 日本ヨーガ瞑想協会(綿本ヨーガスタジオ)パワーヨーガTT修了
    平成19年 リストラティブヨーガTT修了
    平成20年 日本ヨーガ瞑想協会認定講師取得
    平成21年 日本ヴェーダーンタ協会 ヨーガ教師コース修了
    平成26年 ITMタイヨガボディワークレベル1取得
    平成27年 chamaリストラティブヨガ指導者養成コース修了
    平成28年 yoggy instituteリストラティブトレーニング修了

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

2011/03/20(Sun)

重大な出来事

今も被害が続いているあの大きな地震から一週間がたちました。
皆様はどのように過ごされていますか?

私は地震後2日くらいはナチュラルハイ?状態で平気で外出も外食もしていました。
ところが、
原発問題や計画停電、それに伴う鉄道パニック…
それらに巻き込まれ思いがけず疲弊してしまいました。

地震が起こった時、まずは家族や友人の安否が心配でした。
それと同時に「祈りは通じないの?」というあてのない怒りの感情が沸きました。
ヨガを始めて、“本来の自分”とか、何らかの信仰や信仰をもつ人々に関心をもつようになりました。
そうした人々の思いは今まさに起こっていることに結局は通じない…
日々の疲労感とともにそんな無気力な感覚が強まりました。
周りでは早くも被災地・被災者のために行動を始める人達がいるなかで、
自分は疲れていきました。
日々の生活も怠惰になり、ヨガすらもできなくなりました。

「こんなときことそヨガを…」それは
苦しんでいる人達の前ではきれいごとなのでは?

そんな一週間が過ぎ、
昨日スタジオでレッスンを受けました。
背中から腰がずいぶん凝っていました。そして動き始めると、少しずつこれまでの日常の感覚がよみがえってくるようでした。
それをきっかけに友人と会ったり買い物をしたり…普段のことを普段通り楽しもうという気持ちになりました。
そして、
ヨガが何か特別な癒しになるとは思わない、
でも、凝った体をほぐしてくれて、
体と確実に繋がっている心もほぐしていくれる、それは事実であると改めて思いました。

特別なことではなく日常のためにヨガをする、それが大切なんだなと今は思います。


まだまだ余震の心配などありますね。
不安な気持ちはまだまだありますが、日常のためにヨガを再開させていきたいと思います。
引き続き、ブログにて予定の確認をしていただけると幸いです。
スポンサーサイト
Home | Category : できごと |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0

トラックバック ▼


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメント ▼


    
Home Home | Top Top