いつもご覧下さりありがとうございます。
さて、今回のタイトルに「?」と思った方は多いと思います。
実はヨーガをしていくなかで、必ずどこかで触れるコトバです。
『ヨーガスートラ』
これはヨーガ根本経典とされ、最古のものとされる文献のタイトルです。
ヨーガというと今では運動の一つの名称のように広まっていますし、
私自身も手っ取り早く使わせていただいている言葉です。
それでは、本来のヨーガとは?というととてつもない説明が必要になってきます。
私が充分にお伝えする技術もありません。
お叱りをうけるかもしれませんが、あえて申し上げるなら「哲学の一つ」と言えるかもしれません。
『ヨーガスートラ』には、ヨーガについて、あるいは「ヨーガの状態になるために」必要なことが短い文章によって数珠のようにつながって書かれているものです。
ただ、とても難解で解説書もありながらなかなか気楽には解読?できない文献です。


これまで、ヨーガを学ぶなかで重要なことと知りつつ、
その難解さ故、解説書を購入したものの本棚のなかで大切に?され過ぎていました…
たまに手にとるものの、沈黙…そしてまた本棚に大切に保管してしまい、美しすぎる装丁のまま月日が過ぎていました。

しかしながら、
ここ1~2カ月の間にヨーガスートラの重要性を認識させられる出来事が続き、
このままではマズイ…ということで、手に取ることになりました。
やはり、必要性を肌で感じていたためか、今回は本棚に戻ることなく
持ち歩きながら少しずつ読みすすんでいます。

改めて、ヨーガって広く深いな、と感じます。
最近は「どんな動きを皆様に提供するか」あるいは自分の技術の向上(動きに限定した)ばかり考えていました。
では、例えば身体に何らかの都合がある場合ヨーガができないのか?といえば答えは「NO!」なのです。
身体を動かすことはヨーガの本当に一部でしかなく、しかも「安定した姿勢」が必要なだけなのです。
あまりに自分は身体にフォーカスし過ぎていたかもしれません。

何か、本来的な大切なことを見失っていたな、と本を読みながら思います。
こうした思いをクラスのなかで発揮するにはやや時間がかかるかもしれませんが、
皆様にお伝えできるよう、更にヨーガについて深めようとの気持ちをもって
読んでいこうと思います。



スポンサーサイト

【2010/11/14 21:58】 | できごと
トラックバック(0) |

第2ステージ
よーこ
ヨガって精神鍛錬なんでしょうね。ポーズが作れるようになることは、その中で、ほんの一部の事柄なんだろうな~。ヨガの真髄に触れて、第2ステージへひとつ上がった気分・・・?人生の指標を見つけた野口先生が羨ましいです。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
第2ステージ
ヨガって精神鍛錬なんでしょうね。ポーズが作れるようになることは、その中で、ほんの一部の事柄なんだろうな~。ヨガの真髄に触れて、第2ステージへひとつ上がった気分・・・?人生の指標を見つけた野口先生が羨ましいです。
2010/11/17(Wed) 13:36 | URL  | よーこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック