少し前になりますが、ローフードの料理教室に参加してきました。
 ローフードをごくごく簡単に表すと↓↓↓

 ・加工されていない生の食材(多くは有機栽培)を用いた食品、あるいは食材を極力生で摂取する
 ・加熱によって失われがちな酵素やビタミン、ミネラルなどを効率よく摂取することを目的とする

当日のメニューは 
パスタマリナラソース 
チーズと野菜のディップ 
ブルーベリースムージー 
でした。 

加熱しないのにパスタとは???でしたが、なんと、大根を細切りにしたものをパスタに代用しました。
また、チーズは生のカシューナッツをフードプロセッサーでペーストにして代用しました。
鍋やフライパンを使わず、フードプロセッサーやミキサーを駆使して作っていく過程は初めてのことでした。
今年のような猛暑の夏には調理時の負担から解放されそうですね。
 
DSCN0471.jpg DSCN0473.jpg
見た目も食材本来の鮮やかな色で、それだけで楽しめ、
もちろんとってもおいしかったです。
野菜本来の程よい硬さも残り食べごたえもありました。
体が疲れているとき、イベントなどが続き胃腸が弱っているときなどにこうした調理をしてみると体のリセットができそうですね。
DSCN0477.jpgDSCN0483.jpg






スポンサーサイト

【2010/09/13 22:02】 | 食についてあれこれ
トラックバック(0) |


よーこ
素材がいいと、そのままでも美味しいとは、シンプルの極みですね。料理って、ついつい足し算したくなるけど、引き算が大事なんだろうな~。味覚形成は幼少の頃に完成するので、子供たちこそ「素材そのもの」の味を覚えて欲しいもんです。。

コメントを閉じる▲
コメント
この記事へのコメント
素材がいいと、そのままでも美味しいとは、シンプルの極みですね。料理って、ついつい足し算したくなるけど、引き算が大事なんだろうな~。味覚形成は幼少の頃に完成するので、子供たちこそ「素材そのもの」の味を覚えて欲しいもんです。。
2010/09/16(Thu) 13:27 | URL  | よーこ #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック