先日、尊敬するヨガティーチャーのひとりである三浦徒志郎さんのワークショップに参加しました。約2年振りにお会いするにも関わらず、覚えていてくださり嬉しかったです。そして、私の体調変化とそれに関する不安な気持ちについて、笑顔で「そうなんですね」と言葉をかけていただきました。すごくホッとした、やっと誰かに自分の気持ちを受け入れてもらえたという気持ちに。
「大丈夫だよ」という言葉をいただくのももちろんありがたいのですが、自分が不安なとき、その言葉が案外プレッシャーになったり、「大丈夫と思えない…(´・_・`)」と感じてしまうことがあります。そんななかの「そうなんですね」。セラピーの基本的な会話術ではありますが、このひと言が大切なんだな、と実感しました。
身近な関係の人と話していると、私自身もついつい「大丈夫だよ」「大したことないよ」と、もちろん相手の能力を鑑みて声をかけているのですが、本人の深いところで求めている言葉は別にあるのかも…。ありがたさとともにむずかしさも感じた出来事でした。
2016111217222435b.jpeg 
スポンサーサイト

【2016/11/12 17:29】 | できごと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック