写真展『ただ、自分らしく』を見に行ってきました。
NPO法人マイフェイスマイスタイル主催、顔やからだにあざなどの症状がある方をモデルにした写真展です。
ヨガのクラスの中で「自分を受け入れること」をよく言われます。私も言っていることも…
とはいえ、それはけっこう…かなり難しい。
尊敬する先生の穏やかな「どんな感覚も認めていきましょう」という声かけに対して
違う!こんな自分を認めたくない、変えたいんだ!という気持ちになることもあります。
自分を受け入れるってどういうことだろう…
写真のなかの皆さんは、苦しんだ(であろう)あとの、あるいは未だ悩んでいるなかの表情が素敵でした。
変えることができるもの、変えることのできないものがある、それを受け入れていくことが自分でいるということなのかな。
ヨガをするとき、一見、日常と切り離されたことをしているようですが、ポーズの一つ一つに日常のクセや考え方が現れます。客観的に自分と向きあうチャンスでもあります。まずはそこから、日々練習していきたいと思います。
スポンサーサイト

【2013/02/11 22:02】 | できごと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック