先日、大好きな鎌倉の荏柄天神に行きました。
毎年必ず訪れます。その目的は…
早咲きの梅を発見しにいくこと(と、お神酒の梅酒をいただくこと)!
境内の両脇に紅白の梅の木があり、暖かければ1月から梅の花を見ることができます。
寒い日が続いていましたので、今回はどうかな…と思いましたが、一輪の紅い梅の花を見ることができました。
  ume1.jpg
寒い寒いと挨拶のように言っておりますが、季節は静かに春の準備をしているんですね。
毎年、この梅の花を見ると、もうすぐ訪れる春を実感し、元気をいただきます。
私は、本当にしょうもない心の持ち主なので、最近になってようやく雨の日を受け入れることができるようになりました。
加えて、冬は受け入れ難い季節でしたが、訪れる春の有り難さを感受するためには必要な時季なんだな、と思います。
大寒、節分までまだまだ季節は冬真っただ中ですが、心に春の暖かさをもちながら過ごしたいです。
  umi0112.jpg
スポンサーサイト

【2013/01/14 21:02】 | できごと
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック