2016
03.29

リストラティブヨガについて(またまたご紹介)

いつもありがとうございます。
唐突ですが、みなさんは普段どのように疲労回復をされていますか?
美味しいゴハンを食べる!
友達と飲む!
マッサージ!
寝る!ショッピング!
…などなど、方法はそれぞれたくさんありますよね。
私も賛成です。
それとともに、私の体験をシェアしたいと思います。
もう去年のことになりますが、とあるスタジオのリストラティブヨガクラスを受けました。
大昔にリストラティブヨガのトレーニングを受けたものの、当時の私は受けて満足。また、実感として必要性を感じていなかったので、せっかくの学びをいかせずにおりました。それから数年たち、道具の使い方を思い出そう(リストラティブヨガではいくつかの道具を使います)というような気持ちでした。
実際に久々にリストラティブヨガに参加すると、ついつい「何かやろう」としている自分に気づいたり、「(道具の調整を)やってもらう」ことが新鮮だったり…。何より、自分で気づいていなかった疲労の解放ができたり…。その時の自分の体にとてもマッチしていました。
それから再びトレーニングに参加。練習していると、長い睡眠と同じか、実感を伴うさらなる休息感がありました。
大昔にトレーニングを受けた時にはなかった感覚です。
私達はついついがんばりすぎています。「そんなことないよ」とおっしゃる方も、です。
通常のクラスで「がんばりすぎないこと」を目指しているものの、なかなか難しいですよね。多分、私達はほどよく、気楽に…という感覚を忘れてしまっているのかもしれません。
リストラティブヨガでは、ご自身は特に何もしない。あえてるすのであれば、より心地よくあるために遠慮しないこと…でしょうか。
リストラティブヨガでがんばらない感覚がなんとなくでも体感できると、通常クラス、あるいは日常においてもほどよく、気楽にすごすことにつながるかもしれません。
今回は、初めての方でも、体験のある方でも気軽に参加できるショートタイムになります。ぜひぜひお声かけください。
20160322201434112.jpg


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top