• プロフィール

    motoko

    Author:motoko
    もとこ
    鎌倉市出身 うお座B型
    社会福祉士(2012年取得)

    平成18年 日本ヨーガ瞑想協会(綿本ヨーガスタジオ)パワーヨーガTT修了
    平成19年 リストラティブヨーガTT修了
    平成20年 日本ヨーガ瞑想協会認定講師取得
    平成21年 日本ヴェーダーンタ協会 ヨーガ教師コース修了
    平成26年 ITMタイヨガボディワークレベル1取得
    平成27年 chamaリストラティブヨガ指導者養成コース修了
    平成28年 yoggy instituteリストラティブトレーニング修了

  • 検索フォーム

  • QRコード

    QRコード

2014/06/07(Sat)

集中コースに参加して…①

いつもありがとうございます。
先日はクラスをお休みさせていただき、『ヨガセラピー20時間集中コース』に参加してきました。
尊敬する先生の一人、クリパルヨガの三浦徒志朗さんのスタジオです。
数年前から気になっていたクラスでしたが、なかなか日程が合わず見逃し続けてしまい、今回は最後の開催となるとのことで、思い切りました。
とてもとても簡単に言うと、クリパルヨガでのヨガセラピーはヨガのポーズを通して内面の気づきを深めるというもの。
そんな技術をいくつかのポーズを通して体験してきました。
ポーズは自分では行わず、全てサポートしてもらいます。とはいえ、数十分の間圧のかかった一定の姿勢を続けエッジ(境界線:限界ギリギリのあたり)に向い、そこにとどまるためラクではありません。
「ポーズをやっているだけでセラピーになるの?」という疑問をお持ちになるかもしれません。
それが、おもしろいのですが、いろんなことが起こってくるものです。
自分の力だけではとどまることのできないポーズにおけるエッジの状態をサポートによりとどまることにより、今までに経験したことのない感情が沸いてきたりします。最初は身体や呼吸の変化に気づいていくのですが、それがだんだんと普段は表に出てこない感情を引き起こしたりします。
ペアになって体験をしている際、最初は「気持ちがいい」と言っていたクライアント(役)が次第に昔の記憶を思い出していくとともに涙を流す場面がありました。クライアント(役)曰く、身体が今までになく心地よくなり自分をガードしていたものから解放されたことによって昔の記憶が出てきたとのこと。そして、その昔の体験が現在の人間関係に影響を与えているという気づきがあったようです。
ヨガセラピーでは、最終的に「これから自分はどうするか」というところまで自分で気づいていきます。
本を読んだり、セラピストによるアドバイスを受けるのではなく、自分の内側からの気づき、起こることを見ていきます。
どんなに素晴らしいアドバイスをもらってもなかなか日常に活かせないことってあると思いますが、内からの言葉ならば、より自分が納得しやすいのだと思います。
残念ながら、今回はトレーニングではなく、あくまで私の体験にとどめるクラスでしたので、実際のヨガセラピーを皆さんに体験していただくことはできないのですが、ヨガのポーズを「ちょっと苦しい体操」だけにしないよう皆さんにお伝えすることができたら…と思います。



スポンサーサイト
Home | Category : できごと |  コメントアイコン Comment0  |  Trackback0
Home Home | Top Top