2012
02.26

画廊という静寂の場

Category: できごと
先日、続けて2カ所の画廊に行ってきました。
とても素敵な絵を描く女性作家さんの作品を観るためです
本当に偶然の出会いで知り合い、彼女の展覧会があるときは教えていただき、
観に行くようになりました。
それまでは、画廊という場に足を運んだことがなかったのですが、
最近気付いたことがあります。
これは、あくまでも私の感覚なんですが…
「坐禅をしているときに似ている」
ということです。(坐禅も大して行ってないのですが
画廊もいろいろだと思いますが、
静かな環境で、掲げられている作品を観て、そこから言葉にならないなんらかの感覚をただ受け取る…
坐禅あるいはヨガに向かうときの気持ちに似ています。
それまでは、作品を観ると何かコメントしなければ!と思いがちでしたが、
彼女の「私は好きで描いているだけなので」という言葉を聞いて、
はっとしました。
私自身が日常的にコメントをつけることが当たり前になっていたこと、
素直に感覚を受け取る大切さ…改めて気付かされました。
そうして、素直な気持ちで作品を観ると、とても静かな気持ちになりました。
意外と身近にある小さな画廊。静かなひとときのために訪れるのも素敵な過ごしかただと思います。


HARMAS GALLERY
http://harmas.fabre-design.com/

Gallery Lara Tokyo
http://gallerylara.com/gallerylaratokyo/index.html
(「六本木@アートウィーク」というイベントが6カ所のギャラリーで開催されています)


スポンサーサイト
Comment:0  Trackback:0
back-to-top