まとまらない前回の続きです。
ananda1.jpgこんな景色の中、ヨガを行う建物に向かいます
ananda2.jpg何度も往復しました

とってもはしょっていますが、masa先生の考える「心」は
マインド=言葉・概念・頭で考えること・バーチャル…
いのち/ハート=調和・本当の自分…
と分けることができます。

今回のバリリトリート、私はきっとマインドでいっぱいだったのだと思います。
バリに行く前、
「バリには神様いっぱいるよ」
「何かつかめるよ」
などなど言われ、頭の中はいっぱいいっぱいになっていました。
「日本で起こっていたイヤなこと忘れてこよう!」
「いい人になろう!」
「新しいことつかんでこよう!]

いのち/ハートを見つめずにマインドだけを膨らませていました。
そんな自分にmasa先生は常に「そのままの自分でいい」と仰っていましたが、
それを自分は認められずにいました。
イヤなことを忘れ違う自分になろうとしているのに、いまの自分を認めることは
イヤなことを認め、変われない自分を認めなければいけない。
それはそれはつらいことです。

現実でおこるできごとの一つ一つにいのち/ハートを向けることができず
素直に感動が湧かなかったのかな、と思います。

リトリートの後半でやっとそんなことに気付き始めました。
今の自分を認めることができず、
遠くの理想ばかり追い求めていました。

「今、ココ」の感覚を深めること
瞬間瞬間を味わい楽しむこと
その大切さに改めて気付かされました。





追記を閉じる▲
スポンサーサイト

【2011/02/26 00:52】 | できごと
トラックバック(0) |